電卓

父が計算尺をもっており、大学1年までは計算尺で計算していた。大学1年の実験のデータ処理は計算尺だった。しかし、レポートを書くのに苦労した。それで、大学2年になったときに電卓を購入した。それが、プログラム電卓のFX-502Pである。

この電卓は、現在も現役だ。丸42年経っても使用に不自由はない。使用頻度は、週に1、2回ぐらい。使用している電気製品では最古のものである。これだけ長く使えるとは思っていなかった。立派な代物だ。もはやケースが痛み、落ちないようにテープで止めている。液晶が黄色いのがなんともいえない味わいを醸し出している。